鍼灸による痩身

鍼灸で痩身術。

医食同源、という言葉が中国にはあります。
日頃の食事から病気を予防し、治療する、という意味です。
また、健康には腹八分目がいいという言い伝えもあります。
痩身にもいいとききますね。
 昔は食生活も貧しく、今よりも重労働で労働時間も長かったのですが、そんな状況でも腹八分目が健康にいいと言われていました。
そして現在は、重労働も少なく、労働時間も短く、体を動かす事がほとんどない人がいる中で、食品は豊富にあります。
腹六分目くらいで十分なのでは、と昔と比べたら思います。
 だから、多くの方が運動が少ない割に食べ過ぎているのだと思います。
痩身・ダイエットは、摂取したカロリーと消費したカロリーの差で決まりますから、それほど難しくありません。
肉体的なことだけでなく、精神的にも社会的にも、健全であるということが健康なのです。
 英語ではdiseaseといいます。
安楽をeaseと言いますが、disがついていますので安楽じゃない、ということになります。
今の時代は、とても便利で、豊ですが、そのために人間関係が希薄になり、自由と権利をはきちがえていることが多く、人間性に問題が起きてきています。
それに伴い精紳病を抱えた人が増えてきています。
そのためか、昔では考えられないような残酷な事件が起きているのも事実です。
貧しい時代こそ心は豊かだとも言いますが、今の時代をみればそうかもしれない、と頷けてしまいます。

 日本は、医療、衣食住、福祉、経済、国際的な協力など、先進国の仲間入りをし、今や先進国の中でもトップレベルになったと言われています。
寿命も世界一ですので、とても健康な国にみえます。
 しかし・・・患者数は増加する一方で、医療費はうなぎ上りです。
 そうした現状の中で、鍼灸師が法律の範囲の中で出来る治療が沢山あるんです。
WHO(世界保健機構)で認められている適応症はもちろんですが、細分化している現代医学に対して、病気を大局的にみる鍼灸の東洋医学は、その特徴を生かし広く国民の健康に貢献できると思っています。
また医療だけではなく、平和への努力、安全な国にしようとする努力も、治療師としてすべき心構えではないのかと思います。
僕の治療は東洋医学が中心ですが、西洋医学を融合させて、一番いい方法での施療をしたいきたい、と考えています。
 鍼灸では、腰痛、膝痛、内臓疾患、神経痛、痩身・ダイエット、肩こり、五十肩、スポーツ障害、不眠、頭痛・・・の順に、みえる患者さんが多いです。
あまり知られてない治療ですが、不妊、逆子の治療,赤ちゃんの夜泣き,ED等でみえる方も。
なにかあってからでは遅いので、健康維持ために、定期的に治療される方ももちろん多数います。
タグ:鍼灸 痩身

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。